睡眠のアルバイトと言う名目で集めた約100人の若い女性にわいせつ行為

2018-04-15

「睡眠時の血圧を調査するアルバイト」と称して眠らせた女性にわいせつな行為を繰り返したとして、準強制わいせつなどの罪に問われた無職、野口英行被告(55)に対する判決公判が2016年1月13日、千葉地裁松戸支部で開かれた。衣笠和彦裁判長は「被害者らの人格を一切顧みず、自己の性的、金銭的欲望の赴くままに行われた犯行。酌量の余地は全くない」として、懲役17年(求刑懲役18年)を言い渡した。

衣笠裁判長は判決理由で、野口被告には犯行を撮影した映像をアダルトサイト運営会社に販売する目的もあったとし、同罪の事案の中でも「かなり重い部類に属する」と断罪した。

千葉県警捜査1課によると、野口容疑者は平成24年初旬から25年11月ごろまでの間、千葉県内や東京都内のビジネスホテル、栃木、静岡両県の温泉宿などで「飲酒後の睡眠時の血圧変動をモニターしたい」と称して集めた女性に睡眠導入剤が入った酒を飲ませて眠らせ、その間にわいせつな行為を動画撮影してインターネットのサイト運営会社などに販売するなどしていたとみられている。被害者は10~40代の女性約100人にのぼるという。

野口容疑者は1回5千円でアルバイトを募集。女性らには「途中で起きると正確にモニターできない」と説明し、睡眠導入剤の入った酒を飲ませていた。女性らはわいせつ行為に気付かなかったというが、25年9月にネット上に動画があることを知人に指摘された千葉県内の20代の被害女性が、県警松戸署に相談して発覚した。

同課の調べに、野口容疑者は「遊興費が欲しかった。アダルトサイトを見ていて思いついた」と供述しているという。

Yahoo知恵袋にて、被害者の家族の書き込みが発見される…

これは治験詐欺でしょうか?
高校生の妹が先日、新聞の折り込み広告に載っていた血圧測定のアルバイトを受けてきました。
ですが、未成年の妹にお酒を飲ませようとするなどの不審な点がいくつかありました。
内容は夕方に集合しホテルで一泊、睡眠導入剤を飲み寝ている間に血圧を6回ほど測り、朝に解散して5000円というものです。食事つきでホテルに泊まれて交通費も1000円ほど出るということで、妹が友達と二人で行ったそうなのですが…

>流出した動画の一覧 (Zipang)